婚外恋愛が始まるきっかけとなるTwitterでの出会い

婚外恋愛が始まるきっかけとなるTwitterでの出会い

17歳年上女性に恋した男の婚外恋愛手帳、まずは全ての始まりとなる出会いについて書いてみます。

彼女との出会いはTwitter
主に特定の趣味について呟いたりするようなアカウントでたまたま相互フォローになったのが始まりでした。

2014年7月11日
彼女からのフォローにより2人の出会いが始まりました。
とは言え、あくまでフォロー/フォロワーの関係で何ら感情もなくお互い共通の趣味でたまにリプで話すような仲でした。
私としても1,000人を超えるフォロワーさんの中の一人としてのネット上の出会いでした。

私は家庭以外に癒やしを求めるためにTwitterを利用し、多くの女性と共通の趣味の話やくだらない話などを楽しんでいました。
チャンスがあれば…なんてことを思わないと言えば嘘ですが、自分から踏み出すことはせず日々を楽しむ毎日。

女性フォロワーさんとグループでオフ会をしたこともあったし、中には二人きりで何度かお茶をするような仲の人もいます。
それらの出会いもTwitter上で隠すわけでもなくオープンにし、ただただ共通の趣味の友人としての出会いを楽しんでおりました。

そんな私のことを知っている彼女とも「いつかお茶出来たらいいね。」というような仲に次第になっていきます。
それが2016年1月頃

しかし、それが実現するのは2017年6月6日
お茶出来たらいいねと言っていた実に1年半後、
更に言えばTwitterでの出会いからおよそ3年です。

Twitterというのは不思議なもので、相手の顔もわからなければ声もわからない、全て文字からしか読み取れないにも掛からわず性格や感情など相手のことがある程度わかってきたりします。
日々つぶやくツイートから、
・あ、既婚者だ
・あ、子供いるんだな
・学生だ
・こんなことに興味を持っているんだ
・こんな思想を持っているんだ

自分や他人とのやり取りから、
・あ、この人とはちょっと波長が合わないな
・語尾がキツイな
・ちょっと常識がないな
・すごい気遣いが出来る人だな

彼女と最初にTwitterで繋がってから実際に会うまで実に3年、でもこの3年がとても大切な時間だったと今では感じています。

容姿や年齢は分からずとも、これは不思議な感覚かもしれませんが具体的にイメージが出来てくるんです。
文字だけだからこそ小さな変化や感情をより敏感に感じられるのかもしれませんね。

さて、初回の投稿はこのくらいにしておきます。

今後、彼女との出会いや実際のデート、私の思いなどを書いていきたいと思います。