初デート直後のLINE内容(一部抜粋原文ママ)

初デート直後のLINE内容(一部抜粋原文ママ)

初デートで彼女への思いを伝え、そして手を繋ぐことが出来た私。

手を繋げたのはたったの数分、私の帰宅のタイムリミットが邪魔をして手放したくない彼女の手を離し、「またね、今日はありがとう」と私は駅に向かいます。
彼女は近くで用事があったためそちらに向かい、初デートを終えた2人。

別れてからすぐにLINEで彼女に感謝の気持ちと不器用な気持ちの伝え方になってしまったことをお詫び。

…1分、5分、10分…
付かない既読
30分…
不安になる私
1時間…
別れ際、彼女から「私もまた会いたい」と言われたのに付かない既読。

あぁ、やっぱりダメだったのかな。。
もしかして何か事故にでも遭ったんじゃないかとも思って、

「大丈夫だったかな…」

語尾の点々が私の不安と、彼女を案じる…いや、ここは私の不安だけでしょうね。恐る恐る送ってみたLINE。

彼女から返事が来たのは別れてから1時間と少し経った頃でした。

「ラインできなくてごめんね!」「知り合いにバッタリ💦」「返信ちょっと待ってね」

彼女と一緒にいる1時間はあっという間だったからこそ、この1時間は永遠のようにも感じました。

その後は今日の感想だったり、お互いへの感謝だったりを伝え合って、そして彼女から彼女の気持ちが送られてきました。

以下、一部抜粋原文ママ

今、色々振り返ってみて
最初は、まだぎこちなさいっぱいだったかな。お互いね。
誠実で真面目で優しい人なのは十分伝わってきたけれど、どう思ったんだろう。。。というのは、全く!!!わからなかった。
何も言わないし、そういう話題にふれないから、、、

好意的フォロワーさんリストメンバーってところなのかな?と思ってた。
好意的だけど絶対つまらないであろうテーブル一個分の距離感という感じの時間でした!

で、次どこに?ってなった時にどこっていうのかな〜という様子伺いだった。笑
ラインで手繋ぎたいと言ってたけれど、そうしてこないということは、、そういうことか。と思いった。うん。笑

あのカラオケルームの席は、正面座から変わってちょっと楽になったかな。
でも、座る距離を縮めてこないということは、、、そういうことなんだろうな。。とまた自己判断した。

だから”不器用な告白”(?)とやらは、意外だったよ!笑

人のことばかり言って、じゃ、自分はどうなんだ!?ということだよね。
私も意思表示がちゃんとできていなかったんだろうな。。
ごめんね

しまくんは、ツイッターやラインの時からだけれど十分優しいことはわかってる。。
決して、傷つけたりするようなことはしないだろうことも。
会って、さらにそう思ったよ。
自分がすごく頑張らないとという緊張感がなくて、心地いい感じ。。。一緒にいてね、うん

好意と好きについてだけれど
ラインの段階で、好意が進んでしまってはいたよね。。
自分自身もちゃんと会って気持ちを確かめるまでは、安易に言葉には出せないんだろうなと思って、それまでのラインがなんだかキーワードが抜けているような、、、そんな感じ

で、会ったらどうなのかって。。
まだ”好き”とはっきり口にできないそんな感じなの

気持ちとして好きなんだと思うよ
その辺が理解しにくいだろうけれど
でも、口に出せないというか。。。
口にしていいのかな。。。そこ頑張って踏みとどまるところじゃないのかな。。。とか

(ここで踏みとどまることを考える家庭の事情を改めて説明されますが省略します)

そういうことの葛藤。
それは、今日を迎える前もずっとずっと考えてる。
会うこと自体、いいのだろうかと何度も思ったし。
でも、動き出した感情というのも事実なの。
優しくしてくれたり、そういう言葉をかけてくれたり、ちゃんと女性としてみてもらえることは、やっぱり嬉しいの。

ここで彼女は家庭の事情でいったんLINE落ち

これを受けて私も長文で返信

好きと口に出せない気持ちはわかるから大丈夫。
でもそれだけだって十分嬉しいよ。
葛藤してくれてありがとう。
いつか口に出せるようになったら言ってね。わんわん喜ぶよ。
私も会いたいよって言ってくれたのホント嬉しかった。
ありがとう。
テーブル一個分の距離感だったり次行く場所だったりカラオケまでの手繋ぎだったり、普通ならどこかでアクション出来そうなのに臆病な俺は出来なかったのさ。
むしろあのテーブル1個でいっぱいいっぱい。
素敵な笑顔に吸い込まれそうだったから。
いつもは相手の目を”見なきゃ”って思うのに、今日は目が”見たい”って思ってた。
カラオケももっとくっついていたかったけど、想いも伝えてないし○○ちゃんの気持ちもわからなかったから何も出来なかったの。
積極的な男性って凄いね!

もしあのままカラオケでも何も言えなかったら○○ちゃん完全に引いていっちゃったかもしれないね。
繋ぎ止めることが出来てよかった。

明るいところで大勢の前に出ちゃうとやっぱり年齢差は感じちゃうよね。
俺はそういう他人の目だったり状況には慣れてるけど、慣れない○○ちゃんには戸惑いだよね。
人によっては好奇な目をする人もいるから。
恋愛に年の差なんて関係ない!と言いたいけど、なかなか他人の目は恐ろしいよね。

○○ちゃんがこの年の差をどう思ってしまうだろうっていうのは心配してた。
世間の目もそうだし、○○ちゃんの中でこんな年下となんてってあるのかなって。
あとはやっぱり俺は自由な時間はほとんど作れないし、作れても贅沢な事は出来ないしで、俺なんかが○○ちゃんに好意を寄せて良いのかなって。
俺の気持ちだけが先走って、好きって言っちゃったけどね。
○○ちゃんの反応が鈍かったから、あ…こりゃゴメンナサイされるかなとも思ったし。
だから私も会いたいの言葉がどれだけ嬉しかったか。

○○ちゃんにこれ以上の葛藤をさせないように、俺もあまり気持ちは伝えない方がいいのかな。
これはネガティブなことじゃなくてポジティブにね。
どうしていけばいいのか考えていけたらいいね。

長い!
またあとでね。

 

夜行性の彼女から午前3時半頃、さらにこれを受けて返事が来ます。
それはまた次回