彼女を疵付けない為の心掛け

彼女を疵付けない為の心掛け

彼女と付き合って変わったことはたくさんあるけれど、前回の記事で指でお嬢を刺激することを書いたので、今回はそれに関わることを書いてみようと思います。

おい!前回の愛撫記事の続きじゃないのか!っていうアレはご容赦ください。
たぶん、次回書きます。気まぐれですみません。

 

今回は、「爪」について

精神的な傷付けではなく、肉体的な疵付けのお話です。

指でお嬢の中を刺激するというのは、非常にデンジャラス
お嬢内は非常に傷付きやすく、少しでも爪が伸びていたり、ささくれがあるだけでも傷つくことがあります。

私も気を付けてはいたつもりだったけど、一度指の爪が当たってしまったようで、少しだけ出血させてしまったことがあります。

それからと言うもの不自然なくらいに爪を切るようにしています。

会う前々日、遅くとも前日、当日は避ける

今までの私は仕事中にキーボードを使う際、カチャカチャと音がなり始めたらぼちぼち切るかぁくらいでしたが、彼女と付き合うようになってからは、会う前々日、遅くとも前日には切るようにしています。

切って間もない爪は角ばった箇所が出来る場合があるので、2日前くらいがベストでしょう。
なので当日は避けるようにしています。
やむを得ず直前等になってしまった場合は爪やすりをかけ角ばった箇所がなくなるよう努めています。

会社にも爪切りを買って置くようになりました。

家庭で頻繁に爪を切るのは今までの自分ではありえないことなので、怪しまれる可能性を少しでも減らすために出来るだけ会社で切るように心掛けています。
婚外恋愛が家庭バレしないように私が心掛けていることもいずれ書きたいですね。

皆様もどうか私のように彼女を疵付けないよう、深爪上等で愛を深めてください。

今回もお読みいただきありがとうございました^^