電車でのLINE通話と彼女の声

電車でのLINE通話と彼女の声

私は日頃LINEはほとんど使っておらず(友達がないとも言う)、彼女と付き合うようになって初めてLINEで通話というものを経験しました。
こんなにもクリアに聴こえるものなんだと感動を覚えたほどです。

彼女と通話出来るのは私が仕事中にこっそり抜け出したタイミングのみ。
それも、彼女も一人になるタイミングがないので、お互いのタイミングが合った時のみなんです。
タイミングが合うのは1週間に数回、一度もないことだってあります。

そんな中、昨日は私が会社からの帰宅中に彼女に時間が出来たので初めて電車内でLINE通話をしてみました。

とは言え、私は電車内ですから一言も発しません。
私はイヤホンを装着して音声はミュートにして彼女の声を聞くだけ。


スマホの画面はLINEの会話にしておいて、彼女は喋り、私は文字で返す。
そんな事を初めてしてみました。

時間は短かったけど、電車の中でも彼女の声を聴けるというのはなんて贅沢で幸せなことなんでしょう。
彼女は私の声の返答がないからただ只管に独り言を喋っているような感じなのかもしれません。
それでも、「文字で返ってくるからそんなに大変じゃないよ」と言ってくれました。

私は彼女の声が大好きです。
いつも笑って明るい声を届けてくれて。
スマホから私の耳を通して、彼女のいつもの笑顔が浮かんできます。

電車内でどれだけニヤけてしまっていたか…。
必死にニヤけるのを我慢していたけれど、間違いなくヒクヒクしているし怪しい人になっていたこと間違いありません笑

通話が終わった直後、彼女からこんな風にLINEが来ました。

「本当は、もうちょっと息子氏を困らせたかったのにな~」

電車内にいる私にえっちなことを言って私の息子氏を刺激しようというなんとも恐ろしい作戦を計画していたわけです…!
1ヶ月も息子氏からの放出を絶っている私には驚愕の作戦です…!
危ない危ない💦
ちょっと期待もしちゃいますけどね笑

 

例え1分でも時間があるならば彼女の声が聞きたい。
そして早く直接声が聞きたい。

来週会えたらいいな

 

本日もお読みいただきありがとうございました^^