彼女と一緒に見る皆既月食から考える婚外恋愛成功の秘訣

彼女と一緒に見る皆既月食から考える婚外恋愛成功の秘訣

こんにちは、しまです。
久しぶりに婚外恋愛成功の秘訣カテゴリです。

昨夜はスーパー・ブルー・ブラッドムーンという何やら厨二病をくすぐるような名称の皆既月食でしたね。

みなさんは見ましたか?

私たちは一緒に見ましたよ。
一緒の時間に一緒の夜空と月をという意味ですけどね。

離れていても同じものを見るとなんだか一緒にいるような気持ちになれて嬉しいです。

私がそうなように、彼女もまた寒空の下で震えながら見ているんだろうなぁとか想像しながら。

手を繋いで一緒に見られたらもっと最高なのに。。。なんて気持ちが浮かばないといえば嘘だけど、そんな切ない気持ちよりも同じものを共有できたことの喜びの方が大きいように思います。

同じものの共有、これってとても大切なこと。
彼女がこんな音楽が好きと聞けば聴いてみるし、こんなテレビを見てると言えば見てみるし、こんなことに興味があると言えば調べたり本を買ってみたり。

趣味や嗜好品、ものの考え方・捉え方、他人同士だから同じなんてことは無いのは当たり前。
それでも少しでも相手を知ろうとする努力というのはとても大切なことだと思います。

もちろん彼女も同じようにしてくれます。

努力と書きましたが自然としていることなので努めて力を入れているわけではないですね。

共有が増えれば話も弾むし、相手のことも少しずつ分かるようになるし、分かってもらえるし良い事尽くし。

中には相手の趣味趣向で食わず嫌いで手を出してこなかったジャンルもあるでしょう。
それでも一歩は踏み出してみてください。
新しい扉が開くかもしれないし、もしやっぱり苦手ということであればそれを相手に話してみたらいいと思います。

足を踏み入れてくれたという事実には変わりませんし、例え苦手という結果だったとしてもその行為は嬉しいものですよ。

嘘を付いてまで苦手なものを受け入れる必要はありません。(結局嘘ですから受け入れられてないということなんですけどね。)

それよりもちゃんと気持ちを伝えてお互いがお互いの考えを理解しておくということの方が大切なんです。

特に婚外恋愛は気持ちや考え方の温度差のズレは大きな歪みを生んで、不安や不満が顔を出し、そして崩壊への一歩ですからね。

 

皆既月食からこんなことを考えてみました。

昨日までの18禁からの温度差が凄い( ˘ω˘)

今回もお読み頂きありがとうございました^^