初デート直前2017年6月1日に時間旅行

初デート直前2017年6月1日に時間旅行

こんにちは、しまです^^

彼女に初めて会い告白した2017年6月6日から1周年記念まであと5日
今日から1年前の2017年6月1日にはまだ彼女の容姿も年齢も知りませんでした。

1年前どんなやり取りしていたんだろうと見返してみると、ちょうど呼び名がTwitter名から本名に変わったところでした。
彼女は元々本名から取ったTwitter名だったのでそのままの呼び名で今もいますが、私はTwitter名は全然本名とは違いましたので大きな変化だったんです。

Twitterでフォロー・フォロワーの関係で普通にやり取りしていた期間が長かったので呼び方を変えたときは違和感がスゴかったですね。
きっと彼女のほうが違和感があったでしょう。
恥ずかしさもあったでしょうね。
私も本名で呼ばれるようになり恥ずかしさとこそばゆさを感じたものです。

その日のやり取りの中でこんな会話もありました。

私:んまぁー、6日は余裕ないかもしれないけど
彼女:そ。それね💦トレイ立て篭ってるかもw
私:キョロキョロしちゃう笑
彼女:トイレからラインw
私:カラオケいって隣同士の部屋にしてLINE笑
彼女:笑
私:6日意識すると緊張するわ
彼女:うんうん
私:ねぇねぇ
彼女:ん?
私:手繋げるかな…
彼女:直球w
私:繋ぎたいんじゃー!
彼女:それ聞くの?答えるの?
私:答えなくていい…!
彼女:そういう雰囲気だったら。。。ね
私:俺の心配が文字になっただけさ
彼女:腕組みしてたら、却下だ笑
私:俺がしてたりして笑
彼女:笑!!!!!!
私:緊張したらそうなりそう笑
彼女:散々ふっておいてこれだ。。。信用ならない_φ(・_・
私:はー、緊張してきた!

6日を考えて緊張しているのに、手を繋げるかなと聞く私。
私は事前に聞かないとダメな性格で、99の岡村さんと同じですね。手繋いでいい?キスしていい?と聞かないとダメなタイプ。
それで当日いきなりは無理だからこうして事前に振っていたんだと思います。

その後さらに直球を投げる私

彼女:”手をつなぐ”というのがしまくんの中での何かなんだね
彼女:すごいこだわりあるよね
私:○○ちゃんに触れたいの
私:それだけ
彼女:直球ーーーーー

今でも良く彼女に「しまくんは素直」と言われますが当時からそうだったんですね。
ど直球をど真ん中に投げ込んでいましたね笑

で、その後やり取りが終わり、冷静になった私は

私;冷静になったら直球すぎて、怪しい人だった…。
私;会ってもないのに触れたいとか。゚(゚´Д`゚)゚。

それに対して彼女は

彼女:直球は平気よ(*´ー`*)
彼女:そんな風に言葉にして言ってくれるのは嬉しいもの
彼女:真意が見えない方が嫌だなぁ。。
彼女:ただ、不思議ではあるよね。笑
彼女:私を知らないのに、そんな風に思っちゃって大丈夫〜?と、笑。

確かにネットの出会いであっても今どきであれば事前に写真を交換したりするんでしょう。
私達はそれもしなかったし、私は彼女の年齢も知らない。

彼女からしたら17も年下で、しかも自分の年齢も容姿も知られてない、でも好いてくれている。
この頃は彼女も私のことは普通以上には想ってくれていたと思います。惹かれてくれていたと思います。

でも、実際に会ってがっかりされたらどうしようとか、年齢が離れてるから無理とか、そういう怖さもあったんだと思います。
たぶん、会ったらダメになるケースも想定していたと思います。
そういう心の準備もしていたかもしれません。
少なからずショックはあるでしょうし、傷つくと思いますから。

そういう色々な気持ちがこの「私を知らないのに、そんな風に思っちゃって大丈夫〜?」に含まれていたように今こうして見返してみると感じるわけです。

当時の私はそんなことは露知らず、ただただ自分の本能のままに抑えられない彼女への想いを、それでも必死に隠しながら、でも事前に知ってもらいたい、感じ取ってもらいたいと、そう思いながら伝えていたように思います。

久しぶりに1年前のやり取りを見返してみると当時の気持ちが蘇って、懐かしい気持ちでいっぱいです。
初心を忘れないためにも良いし、今だからこそ感じ取れることもあるし、これからもたまにこうして見返してみようと思います。

今日はこのへんで。
いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)