セフレと不倫・婚外恋愛の違い2

セフレと不倫・婚外恋愛の違い2

こんにちは、しまです^^

最近婚外恋愛をしているという方達のTwitterをなんとなく巡回していて、ふと思ったことがあります。

私は婚外恋愛4か月目の頃、このブログに「セフレと不倫・婚外恋愛の違い」という記事を投稿しました。

あれから8か月、婚外恋愛歴も1年を超えたことと、今回Twitterを巡回してみて当時感じることが出来なかった新たに思うことがありましたので書いてみます。

当時の私は「セフレ=不倫≠婚外恋愛」と書いています。
それは今でも考えは変わっていません。

そこではこんな風にも書いていました。

不倫というのは肉体関係が前提というイメージが強くあります。だからセフレと不倫が結びついてしまう。
既婚者だったら不倫、未婚者だったらセフレになるのかな。
その一方、婚外恋愛は恋愛が前提であり、肉体関係はそれの一部というイメージです。

当時は体の関係に着目してそう結論付けていたようですね。
もちろん、そのことも今でも考えは変わっていません。

今回私が感じた内容で不快な思いをされる方もいるかもしれません。
ちゃんと恋愛していないのかもしれない…と思っている方は読まないほうがいいかもしれません。

前置きも終わったので書いてみます。

Twitterを巡回していると、目に飛び込むのは不安や不満、愚痴。(主に女性側)
「私はこう思っているのに」「こっちはこんなにしてるのに」「楽しみにしてるのは私だけ?」「なんで?」こんな言葉が本当に多く羅列されていました。

でもそんな方たちも会えた日には幸せいっぱいのツイートをしています。
ただ、少しするとまた逆戻り。

最近も書きましたが、会っていない間にどれだけ気持ちを通じ合わせていられるかが婚外恋愛だと思っています。
会って幸せなのは当然なんです。

私は今回ここが「セフレ」「不倫」と「婚外恋愛」の違いのポイントになっているように感じました。

そういう方のお相手男性は「婚外恋愛」の仮面をした「セフレ、不倫」なのではと感じたわけです。

女性側は何かが違うと感じながらもそういう思いに蓋をして、婚外恋愛をしていると思い込んでいるように思えてならないんです。

もちろん、恋愛にケンカや不安・不満・愚痴は付き物です。
そうだとしても私が今回色々見た限りではそれがあまりに多くて、男性側からの女性への想いが全然見えてこなかったんです。

都合良く好いてくれてる、会ってくれるから、会っている間だけとりあえず喜ばせておけばいい、離れている間も適当にあしらっておけばいい、こんな風な男側の心情が見え隠れしてしまうのです。
(男同士だからこそ感じることなのかも?)

う、うーん、随分と尖った書き方になってしまいましたね。。。

女性のツイートを見てると本当に彼のことが大好きなことが伝わってくるのに、それに応えてくれない男性…なんでもっとちゃんと応えてあげないんだろうって凄く思いました。
なんでなんでしょうね。。。

これが私なりに1年間彼女を愛したことから感じた「セフレと不倫・婚外恋愛の違い」になります。

不快な思いをされた方はすみませんでした。
不快な思いをされたということは心当たりがあってそれでも私たちは婚外恋愛をしているという方なのでしょう。

良いと思います。
考え方は人それぞれですから。

それに結局こんな風に書いたところで、婚外恋愛は不倫だということに違いはありませんからね。

それでも私はこれからも不倫ではなく婚外恋愛をしていると思っていることでしょう。

ん?そう思うと今書いてきたことはどうでも良くて、本人がそう思っていればそれで良いのかもしれませんね笑

ただこれだけは言いたい、男性はもっと女性の気持ちに応えてあげて欲しい。。。

今回はここまで
いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)