終わらせる責任

終わらせる責任

こんにちは、しまです。

続き書いていきますね。

前回書いた私の離婚についての話のあと、彼女からこんなことを言われました。
(LINE抜き出します)

「寝るときに、ずっと忘れてたけれど思い出したの。
ツイッターの頃、しまくんは既婚者以外には会わないって言ってたこと
家庭を離れることはないことちゃんと聞けてよかった。
それ以上でもそれ以下でもなく、不倫以外の何物でもないってこと。
しまくんは、大変な家庭の中でちょっとだけ外の空気吸いたかったんだよね。
疲れた心を癒したいだけだったんだよね。」

私と彼女の出会いは共通の趣味のツイッターからでした。
過去にブログでも書いたかと思いますが、彼女以外の女性何人かともツイッターを通じてリアルに会ってお茶したり食事したりカラオケ行ったりとしていました。
そこには自分の基本的ルールとして、【既婚者以外とは会わない】というものがありました。
何か間違って未婚者と何かが起こってしまわないように。そういう思いもありますが、それよりも、既婚者であればこっそり会うという不道徳さを共有出来るから、そういうものでした。
彼女以外とはただのお友達として会っていますが、そこに何もなくともやはり既婚者同士が会うという不道徳さがそこにはあると考えていたんです。
私は彼女の言葉とおり、家庭を離れて癒やしが欲しくて外に目を向けていました。
彼女と出会うまではそうだったんです。

それが彼女には会う前から既に好意を抱き、それまでの癒やしをというものには収まらない気持ちがありました。
容姿も年齢もわからない相手に凄いですよね。

そして言うまでもなく、今となっては癒やしなんてものではありません。
そんなこと彼女だって分かっていると思うんです。

だからこそ、不倫以外の何物でもないと自分自身に言い聞かせるように言う彼女の気持ちを思うと辛くてたまりませんでした。

そんな風に無理矢理に、いや、無理矢理にでもしないと別れることが出来ないのも分かってはいるけど、それでもこんなにも想ってくれる女性がすぐそこにいるのに、手放せるのでしょうか。。

読者様からコメントで次のような言葉をいただきました。

これからしまさんが彼女さんに執着することなく
(既婚男性ってストーカーになりやすいから)
彼女さんを未来の見える恋に羽ばたかせてあげてください。

とても胸が痛い、分かっているけどまだそう出来ない自分がいます。
(きっぱり別れた後の話としてコメントしていただいたのかもしれませんので、解釈が異なるかもしれませんがご容赦ください)

LINEで彼女にこんな事を言いました。

「俺のほうがズルいから」

彼女からの「ずるい?」という返事に次の返事をしました。

「俺は家庭があって、ちゃんと抑制が効いてしまうから
それにこのままこの関係を続けていきたいと思っているから」

彼女「ズルい」


「でもね
だからこそ、俺が終わらせてあげないといけないだろうなという気持ちもある
終わらせる責任を○○○に押し付けるのもずるいから
ただ頭では分かっていても今はまだうまくできない」

コメントで頂いた内容も分かっているんです、彼女を羽ばたかせるということ。

言葉が正しいかはわかりませんが、私の手で楽にしてあげなければいけないこと。

ただ、すみません。
まだできそうにありません。

 

ん。。ちょっと嘘をついたかもしれません。

どうすれば続けていけるだろうか、頭の中はそれだけがぐるぐるしていて、どう終わらせればいいのかとか楽にしてあげなきゃとか、そんなことは1ミリ足りとも考えていませんでした。。

彼女にも先日電話した際に、こう伝えました。

「私が終わらせなければいけないという思いはあること」
「でも考えることはどう別れずに済むかということばかり」

やっぱりズルいですね。

私の性格はポジティブで楽観的、そんな性格がメリットの時もあればデメリットの時もある。
今は両方が共存しているようなそんな感じな気がします。

物事を甘く捉えがちな私に対して、様々な角度からのコメントをいただき、皆様には感謝しています。
家庭事情や恋愛観、心の奥底にある感情やトラウマなどなど、境遇は皆違えど、全てのコメントが私に考えさせる機会を与えてくれています。
本当に感謝しています、ありがとうございます。

時間差があるブログですので結果が気になっている方もいるかと思いますが、現状は「別れる」「別れない」はっきりと決まっていません。

私は皆様から頂いたコメントをお借りして考えた結果と自分の気持ちを、彼女は彼女の持つ心の中を、お互い出し合っている最中です。

一時期、ポジティブな私もLINEの発言が減ったんです。
怖かったんです。
自分が何かを発言することでより彼女が離れていってしまうんじゃないかと怖かったんです。
普段なら家でたまにLINEをチェックしたとき、何かを送るんですよ。
でもその日は何も送ることが出来なくて、彼女からのLINEが来てないなってそれだけ確認して何も送れなかったんです。
通知してないからこそこそたまにチェックするしかないんですよね。
そうしたら、彼女は私に何かあったんじゃないかと凄く心配して。
その時、正直に次のように伝えました。

「今は凄く怖い
LINEを控えているのは
何かを送るたびにそれが原因で○○○がもっと遠くにいってしまうんじゃないかと思ってしまうから」

そうしたら
「ごめんね。
嫌な思いさせて
しまくんは、悪くないよ。」

そう返ってきました。

今でも怖さはあるけど、やっぱり伝えることは伝えないとと思っています。

感情表現は苦手だけど、せめて気持ちだけはちゃんと言葉にして伝えたい、そう思っています。

 

思ったままに書いてしまっていてまとまりがない文章になっているかもしれませんね。
感情が行ったり来たりしていて読みづらいかもしれませんがお許しください。

いつもお読みいただきありがとうございます。