彼女の苦しみや痛みに共感出来なかった私

彼女の苦しみや痛みに共感出来なかった私

こんにちは、しまです。

今日は、今回のことで彼女が感じた苦しみ・痛みを私が感じることが出来なかったこと、彼女と痛みを共有出来なかったこと、そのことについて書いてみます。
ほとんどLINEからの抽出です。

以下の内容は、彼女が別れなくちゃと別れる努力をし、私が彼女に『余程のことがない限り離婚することはない』と告げたあとの彼女からのLINEです。

 

「99%ないと思っていても1%。。。0ではないと否定されていないと未来があるかと勘違いしてしまうから。
決断する上で、ちゃんと聞かなければならなかったの。
本当に誠実にちゃんと答えてくれてありがとう。
でも、きつかった。
想ってくれる気持ちは理解できても、存在の軽さ?みたいな。
うまく言えないけれど。
あぁ、やっぱりそうなんだなって、自分に刻みつけるのは痛かった。
わかってたし、しなければならないとだったけれど。

今か先か、いつなのかお別れをしなくちゃいけないということ
自分の胸に手を突っ込んで心臓をつかみ出した。。。
今回は、そんな感覚にとても似ているの。

それは、本当に痛くて、辛くて、壊れてしまいそうで、どうやって呼吸したらいいかわからないぐらい苦しくて。。。
心臓をえぐられて残った肉体の痛み(私)とえぐられた心臓(しまくん)とって、同じ痛みだと思ってたの。
勝手に。

でも、何度か話したし聞いたから
心臓をえぐられて残った肉体の私の痛みと、しまくんが感じるものって違うんだって初めて知ったの。
この痛みは、自分にだけ課せられるんだって。
想像を絶するこの景色は、自分にしか見えないんだって。。。
ショックだった。

それは、とても怖いものであり、それを一人で背負わなくてはいけないのは、今していることの「罪」であり、「罰」なんだね。。。
そんなことを感じたの」

 

私はこれを読んだ時、何も返すことが出来ませんでした。
自分は別れることが辛いとか別れたくないとか、彼女がいない生活に戻った時の苦しみとか、彼女を失いたくないそんな感情しかなかったんです。
全然彼女の苦しみや痛みを理解出来ていませんでした。

ただただ
「ひとりぼっちにしてごめん」
「気持ちを教えてくれてありがとう」
「時間を作ってくれてありがとう」

そんなことしか言うことが出来ませんでした。

そんな私に対して彼女は

「しまくんのそういうところが好き。
それは、付き合う前のメールやラインのやり取りの時からずっとだね。
でも、付き合い始めてからはもっと大事に受け止めてくれるようになったよ。

ちゃんと受け止めてくれるから、言いっ放しとか吐き出しっぱなしではなくて、大事に重ねて育んでこれた。
大切なものをたくさんもらってるね。
ありがとう」

こんな風に言ってくれるんです。

本来なら私がもっと寄り添って彼女の痛みを感じなければいけないのに、彼女にこんなお願いをしていました。

「さっきの痛みを共有出来ない話、本当にごめんね
○○○と出会って自分になかった感情が芽を出してこんな素晴らしいことがあるんだなって知ることが出来たけど、まだまだまだまだ感受性が乏しくて
俺も○○○の痛みが知りたい、けど知ることが出来なくて、本当にごめんなさい

だからこれからも思うことは全て教えて欲しい、言うのだって辛いのにごめんね
ちゃんと理解したいから」

自分で感じられない以上聞くしか無いと、そう思ったんだと思います。
情けないというか不甲斐ないというか。。

でもまたそんな私に対して

「ごめんねなんて謝らないで。
それに、むしろ感受性は豊かでしょ?
恥ずかしがり屋さんだけどね^^
嘘がつけない人
でも、そこも好きなところだよ」

こんな風に言ってくれるんですよ。
こんなにも想ってくれてたくさんの愛を私にくれるんです。

私はこれからも彼女の抱える苦しみ、痛み、そして私達の罪と罰、それら全てを一緒に背負っていきたい。

多くのご批判もあることでしょう。
それでもやはり自分の気持ちに嘘は付けません。

彼女に「嘘がつけない人」そんな風に言ってもらえているのに最後の最後に嘘を付いてお別れなんてできません。

いつだって自分の気持ちに正直にまっすぐに。

これは私の信念…ではなく、そんな姿を彼女に見ていて欲しいのだと思います。

頭が整理出来た気がします。
ブログを書くこと、コメントを読むこと、コメントに返信すること、本当にブログをやっていて良かった。
アウトプットの重要性を改めて感じました。

後悔しないよう向き合いたいと思います。

今日はこの辺で。
いつもお読みいただきありがとうございます。
感謝しています。