私の可愛いエピソード

私の可愛いエピソード

こんにちは、しまです^^

ではでは、前回の続き書いていきたいと思います。

あのあと2回戦→ランチ→お風呂→終了となるわけですが、時系列順不同で出来事を書いてみますね。

 

ベッドの上でゴロゴロしていた時、最近私が洗顔フォームを変えたことについて話したんです。

私は顔の油分が多くて、すぐにテカっちゃうんですよ。テカるというベタる?

それが鬱陶しいので、ずっとスクラブ盛り盛りの洗顔フォームを使っていたんです。

でも最近、油分が多いのは乾燥しているせいだからもっと保湿したらいい!っていうのをどこかで目にしたんです。

 

そこで紹介されていた洗顔フォームが『ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル』というもの。

泡立たないし、スクラブなんて全くないし、今までの私では考えられないようなもの、でも買ったんですよ。

 

まぁ、ちょっと前置き長くなりましたけど、このことを彼女に話したんですね。

 

そしたら「どうして変えたの~?(ニヤニヤ)」って感じで聞いてくるんですよ。

彼女すごく楽しそう。

「脂っこいのいやだからー」って答えたら、「えー、なんで脂っこいのイヤなのー?(ニヤニヤ)」って、もっと楽しそう。

「写真撮るとテカるじゃーん」って言ったら「いいじゃーん、なんでテカるとダメなのー?(ニヤニヤ)」って、もっともっと楽しそう。

 

「えー、なんでなんでー?」ってイジワルそうな笑顔で聞いてくるんですよ。

 

だからホントの事を答えてあげました!言わされた感あるけどw

 

「もっと○○に好きになってもらいたいからでしょ!」って答えたの。

 

そしたら本当に嬉しそうに「可愛い^^」って。

 

彼女から言わせると私は割と女子力があるようで(自分でも若干そんな気もするけど)、良く「可愛い」と言われます。

見た目は全然可愛くないけどね笑

 

「『可愛い』って言われるのイヤじゃないの?」「男の人って可愛いって言われるのイヤがる人も多いよ」って言われるんだけど、全然イヤじゃなくて笑

彼女に『可愛い』って言われるのはなんだか嬉しくて。

 

『カッコいいよ』とも言ってくれるけど、それはすごくこそばゆくって。

でも不思議と『可愛い』は心地良くて嬉しいんですよね。

そうそう、この日もう一つ『可愛い』を言われたんだった。

 

彼女はベッドに無造作に入っていて、私はトイレに行っていたのか、洗面で確か手を洗っていたんですよ。

そしたらベッドから「早く~」「ねぇねぇ、早くきて^^」って。

今書いててそんなこと言われたら男なら普通すぐに行くのが当たり前なんでは…!と思ったわけだけど、その時の私も案の定、わんわん♪と言わんばかりにベッドに急いで潜り込んでいったわけですよ。

 

そんな姿が彼女には可愛かったみたい。

「素直で可愛いー!可愛いね(*^^*)」って。

 

さっき、『可愛い』と言われるのが心地良いと書いたけどそれの要因の1つとして、私に可愛いと言うときの彼女がまた可愛いんです。

凄く嬉しそうな笑顔で言ってくれて。

だからきっと私は嬉しいんだろうなって思います。

 

カッコいいよりも可愛いと言われる方が多いのは、私が彼女に甘えている証拠なんでしょうね。

私自身もすごく甘えているのが分かるし。

 

この関係がすごく心地良いです。

お互い甘え甘えられの関係が続けられたらなと思います。

 

 

そんなわけで、今日は私のちょっとお恥ずかしい可愛いエピソードでした笑

お花畑ですね笑

 

いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)