私のコンプレックス

私のコンプレックス
Twitterでも更新情報や日々の呟きなどを発信しておりますので、興味のある方はお気軽にフォローください(*^^*) Twitter@しま 更新時スマホでpush通知を受け取りたい方

こんにちは、しまです^^

今日は私のコンプレックスについて書いてみたいと思います。
彼女と一緒に写真をたくさん撮るようになって気になりだし、でも最近コンプレックス解消?してみてもいいのかなと、そう感じたことがありました。
自分の中で割と衝撃的だったんですよね。

と、その話題の前に、幼少期から思い出してみました、私のコンプレックス。
人生でコンプレックスと感じたことは、冒頭の件を含めて2点かな?

最初のコンプレックスは中学生~30歳くらい
先日私の全裸写真を投稿しましたが笑、それに関わることで、昔はすごく痩せていたんです。
俗に言う、ガリ?
そんなこともあってか、人前で裸になるのが恥ずかしかった思い出があります。
それが原因で海に行くのも自然と避けるようになって、夏の半袖とかも嫌いでした。
その分ウィンタースポーツは大好きで、スキー、スノボと随分と楽しんでいましたね^^
30歳を超えたあたりから年齢からなんでしょうかね笑、徐々に脂肪が付きだして。
今やメタボ診断されるまでに至りました。
素晴らしい!

いや、素晴らしくはないか笑

と、これが1つ目のコンプレックスで今はもう解消しています。

本題はここから。

私昔から歯医者に行くのが嫌いだったんですよ。
痛いからというより面倒だからという方が強いかもしれません。
虫歯になっても限界まで我慢、なんならそのまま神経死ぬまで放置するなんてこともやってました。
放置されたままの虫歯だったり、治療途中でバックレてしまって放置された歯だったりのせいで、歯の見た目が悪かったんですよ。
そのせいで、人前で歯を見せるのが苦手になってしまって。
自然と写真を撮る時も歯を見せない笑い方になってしまって。

今は治療済みだから大丈夫なんだけど、当時の癖とコンプレックスが残っていて歯を見せて笑えなかったんですよね。

だから彼女とのツーショットを見ても、私はいつも口を閉じた笑顔で。
でもでも、彼女はとーーーーっても歯が綺麗で、いつも表情豊かに笑っていて、もう笑顔がキラキラなんですよ。

彼女の表情の豊かさにつられて、私も口は閉じているもののちょっと変な表情してみたりと、変化はあったんです。
歯のせいで写真自体が苦手になっていて、いつも同じような表情になっちゃってたんですね。
彼女とツーショットを撮るようになってそれに気がついて、変わりたいなーって思ったんです。

で、最近、ホントに最近になって、歯を見せて笑ってみる努力をしたんです。
だって、写真以外の時は大口開けて笑ってるし!と思って。
自分の笑い顔って写真じゃないと見ないじゃないですか、でも、普段私が笑ってる顔はいつも彼女は見てるんですよね。
だからそれがリアルだろうが写真だろうが同じだよなって。

でもね、笑えないの。
うまく笑えない。
被写体になると、いざ笑おうとしてもぎこちなくなっちゃって。
口半開きみたいな笑
口がぷるぷるしたりね笑

それが、今年最初のデートで撮った写真に、ぎこちないながらもちゃんと歯を見せて笑えてる写真があったんですよ。

この写真見た時、凄い衝撃的でした。
歯を見せて笑ってる自分の写真なんてホントに記憶が無いですから。

あ、笑えてるって。
なかなかいいんじゃない?って笑

もちろん私の笑顔の横には満面の笑みを浮かべる天使さんもいて。
その天使さんもまたこれ衝撃的に可愛い笑顔で。

今ね、その1枚の写真がカップルアプリの表紙を飾っています。

 

コンプレックスって他人はどうも思ってないのに手強いですよね。
これからもたくさん笑って過ごせればいいなと思います^^
いつもお読みいただきありがとうございます(*^-^*)

婚外恋愛ブログのランキング登録しています、もし良かったら1日1回ポチッと応援をお願いします(*´∀`*) にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ