手錠での拘束とピンクローター

手錠での拘束とピンクローター

新年度ですね、こんにちはしまです^^

通勤電車で真新しいスーツを着る人を見かけると新年度を感じられますね^^

私は年度末の忙しさが嘘のように今こうして落ち着いてブログを書いてます。

さて、桜花見デートをして人生初の大人のおもちゃを購入した話の続きですね。

まずはホテルの部屋に入り、ビールで乾杯^^
コンビニで350mlだと足りないかな~なんて話して500mlにしてみました。
結果、ビールの量というより、ワイン・シャンパンの方がいいねという結論に笑
次回は変えてみます。

アルコールもこれくらいの量であれば家に帰る頃には匂いも抜けているので安心です^^

その日も部屋には例の電マさんが備え付けられていましたが、ノータッチ。
私が購入した可愛らしいローターさんがありますからね。

見て見て~と取り出して彼女に渡すと、どうやるのーと無邪気に弄っていました。

動かしてみての彼女の第一声が、静かだね!でした。

そうなんですよ、私も彼女も前回使ってみた電マしか知らないのであれって結構音がうるさいじゃないですか。
ビィィィィィィって。
正直私もこのローターの音の小ささに驚きました。
こんなに静音なんですね。
ブブブブブブブって。

12段階で強弱設定が出来て最弱でもそこそこの刺激あるし、このローターで正解でした^^

まだ別に前戯ではありませんが、胸に当ててみたりと、新しいものを買い与えられた小さな姉弟のように無邪気に遊んでいました笑

お酒も飲み終わっていい感じになったところでいつものように私が攻める…のかと思いきや!
その日は彼女が一転攻勢に!

彼女が着ていた洋服のベルトを私の手に巻き付けるじゃないですか。
彼女楽しそう^^

で、軽く縛っても普通に取れない!

ローターを息子氏に当ててみたり遊ばれる私。

不思議な感覚でしたがローターの振動って気持ちいいものなんですね。
ずっと当てられたら果てることもあるのかな、途中でというか割と早い段階で逃げちゃった。

その後お互いビールの尿意を感じてトイレに。
でも私の手は結ばれたまま…。
彼女が連れて行ってくれました^^

で、いつもと違うシチュエーションに興奮したんでしょう、息子氏も元気で尿意どころではなく。
そのまま便座の前でお口でしてもらいました^^
イってないですけどね!ここで体力を奪われるわけにはいきませんから笑

その後、男は勃っているとおしっこ出にくいんだよーという会話をしながら私がおしっこするところを彼女は眺めていました。

私の次は彼女の番、同じように眺めようとするとそこはやっぱり恥ずかしそう笑
だーめっ!と言われて悪戯に抵抗するもののベッドに戻る私。
そして手錠の如く嵌められたベルトをもそもそと外しに掛かります。

映画などで両手を縄で拘束され監禁された主人公が相手に気付かれないうちに外して、まだ解けていませんよ的な素振りで相手が近寄って来たら反撃する!みたいなやつです。

で、無事外した私はそのままいつでも外れるように、でも見た目はまだハマっているようにベルトを両手に巻き付け彼女を待つことに。

 

そして彼女がベッドに戻るとえー!いつ外したの??の声と共に反撃開始です^^

今回はここまでにしておきます、いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)