個人情報の交換は信頼の証?

個人情報の交換は信頼の証?

こんにちは、しまです^^
色々と書きたいことはあるのに突然仕事が忙しくなりブログに向き合う時間が少なくなってしまっています(/_;)

さて、今日のテーマは個人情報

みなさんは恋人の情報をどこまで知っていますか?

名前、生年月日くらいは教えあっているのかな。

 

私は秘密主義なところがあるのであまりそういう情報を渡すことはしません。

インターネットに情報を載せる必要がある場合も偽名だし生年月日もデタラメ。

 

そんな私も彼女には全然そんなつもりはなくって。

先日会社の名刺を渡しました。

昔の私であれば絶対に渡さなかったと思うんです。
昔の私というか彼女以外にはという方が正しいのかな。

Twitterで仲良くなったフォロワーさんとオフ会で会って名前何ていうの?と問われても「内緒~」と教えないくらいですから。

そんな私が会社の名刺は渡すし、何の躊躇もなく電話番号も渡すし。

それくらいに彼女のことを信頼しているんだなって再確認させられる出来事でした。

もちろん彼女も名前、住所、電話番号と個人情報を教えてくれています。
彼女がそうしてくれているからこそ、信頼が重ねられているんだろうと強く感じています。

 

私の偏見もあるかと思いますが、不倫関係だったり婚外恋愛関係、特にネットからの出会いだと、個人情報ってなかなか渡せないものなのではないでしょうか。
関係がこじれて鬼電される、自宅に押しかけられる、個人情報というのは使い方によって色々なネガティブ要素がありますからね。

 

私にとって個人情報の交換というのは、本当に信頼の証なんです。

 

これからも信頼を積み重ねていきたいと思います。

今日はこんな感じでまとまりないですが終わりにします。
なんか真面目!

今回もお読みいただきありがとうございました^^