誕生日デート part9 「幸せな時間の終わり」

誕生日デート part9 「幸せな時間の終わり」

こんにちは、しまです^^

誕生日デート日記も最終partとなりました。
1回のデートでこうして何日にも渡って思い出しながら日記をつけて毎日が本当に幸せです(*^^*)
会えない時間でもこうして幸せを感じられるというのも日記をつける良いところですね。

日記を書いていると、ふと「あんなこともあったなぁ」って日記を書いていなければ思い出さないようなことも思い出せて、しかもそれを日記として残せるので、いつまでも記録に残すこともできるんです。

うーん、素敵。

それではpart9いきましょう。
part1はこちら

露天風呂でのワインと彼女による息子氏愛撫によって気持ちよくなった私が彼女と室内に戻ったところからでしたね。

ここからは特別描写をすることが実は無くて…

2回戦目だと彼女は全身性感帯のようになっていて1回戦目より敏感になっているようです。
本人も「意識朦朧で飛んでいっちゃいそう」というような表現をしています。

私も彼女の表情だったり身体の動きを見ているとそれはよく分かって、で、それがどうにも興奮するんですよ笑
なんかもっとしてあげたい!深く深く気持ちよくしてあげたい!って。

バックから突いてあげると、彼女は更に深くを望むのか片腕伸ばしてきて私はその腕を掴むとより深く強くと応えます。

私の「自分で動いてごらん?」の言葉にも従順に自ら前後させる彼女
そんな息子氏の出し入れと、彼女の動き、これは興奮度MAX。

既にヘロヘロになっている彼女に追い打ちをかけるように彼女をそのまま立たせて立ちバックへ。
膝が折れそうなのを必死に壁にへばり付いて耐える彼女。
それでも少しずつ膝が折れてベッドに膝が付きそうになったところで、お腹に手を回して無理やり立たせての繰り返し。

これ彼女だけヘロヘロのように書いていますが、私もかなり体力的にヘロヘロ状態笑

そしてお互いそのまま崩れるように倒れて最後は正常位でフィニッシュ。

フィニッシュ直後の私もかなりハァハァしていますが、それ以上にハァハァ状態の彼女。
その息遣いがなんとも艶めかしくて、ベッドにヘタる彼女をずっと眺めていました。

そんなこんなで暫くデロ~ンとしている彼女を見守り、フリータイムの時間を90分延長しました^^

その日は私の帰り時間の許す限り、彼女の帰りの電車も一緒に乗って送っていく予定でしたが、想定外の延長と思いの外金曜日にも関わらず電車が空いていたことから駅のホームまで一緒に行ってそこでお別れをしました。

別れてすぐに電車に乗る彼女から「ホームで見送るしまくんカッコよかったよ❤」なんてLINEが来て。
随分ニヤけた顔をしていただろうなと思う私でありました。

ホームにいると帰宅サラリーマンによく見られます。
まぁ確かに、仕事で疲れているのにこちらは手を繋いでホームにいて、なんなら17歳差のカップル。さらには私は高身長、そりゃ目立ちますね。
そして、彼女の乗る電車が閉まればホームからは私が、電車からは彼女がお互い小さく手を振る。
彼女もきっと電車の中でちょっと恥ずかしい思いをしているんだろうな。
これでも別れ際、ホームでキスをしたい気持ちをグッと、グッと抑えているんですけどね。
ほぼホーム先頭にいるのでまだ人が少ない時に見られないようにちょっとしちゃうこともありますけどね(*^^*)

 

こうして交際10ヶ月を超えたところでようやく手にできた丸一日のデート。
終始笑って過ごせたと思います。
こんな幸せでいいのかなって思うくらい。
こんな幸せがあるんだなって。

お互いが心から笑えるのが1番ですよね。
そこになんの不満も不安もなく。

これは日頃から思うことは我慢すること無く伝えて、お互いを尊重しあってきたことの結果だと思います。

交際当初からずいぶん根の深いところまで話し合ってきての10ヶ月。
もう随分としっかりとした土台が2人には出来上がっています。
ちょっとやそっとじゃ崩れないでしょう。

こうした土台を作っておかないと、気持ちだけが盛り上がって逆ピラミッドのようになってしまって、ちょっとしたことで倒れてしまうでしょう。

不満や不安、お互いを想う気持ちの温度差で簡単に崩れちゃう。

そうすると楽しかったはずの恋愛が突然苦しいものに変わってしまう。

そんな風になりそうな予感が既にある人、土台が脆い気がする人、今からでも遅くありませんからしっかりと土台作りをしてみてくださいね。

でも…これはきっと女性が頑張らないといけないんでしょうね。

男はダメなら次の人探せばいいやとか、最悪性欲を満たすための都合の良い相手だからとかそんな風に思っている人もいると思います。

でも人は変わりますからね。
お前じゃないとダメだ、こう思わせるのはやはり土台が大事なんだと思います。

 

今日はタイトルに「幸せな時間の終わり」と書きました。
確かにあの日の幸せな時間は終わりましたが、冒頭でも書いたようにこうして日記を書いている今も幸せです。

これからも幸せな時間が続くようにたくさんのことを話し合っていきたいと思います。

 

それではこれにて誕生日デート日記完走です!
最後までお付き合いいただきありがとうございました^^

 

これからもよろしくお願いします(*^^*)