(18禁)78日ぶり濃密ホテルデートpart5「共同作業」

(18禁)78日ぶり濃密ホテルデートpart5「共同作業」
当ブログが登録している「ブログ村」のリニューアルに伴い、ブログ村に新着記事の表示がされなくなっております。 Twitterでも更新情報や日々の呟きなどを発信しておりますので、興味のある方はお気軽にフォローください(*^^*)
Twitter@しま

こんにちは、しまです^^

いやー、part4はえろえろでしたね!
78日ぶりのホテルデート続きpart5書いていきますね。
part1こちら

羞恥とワインに溺れた78日ぶりのセックス、思いの外息子氏も頑張ってくれました。
彼女もたくさんイッてくれて嬉しかった^^

彼女の息遣いと肌と匂いを感じて、本当に幸せな瞬間。

ただ、久し振りのセックスにフィニッシュ後の脱力感が半端なかった…!
体力を全部持っていかれたようなそんな感覚。
でもそれがまた心地よくてね。
先に書いてしまうと、今回は1回戦しか出来ませんでした。。無念。
何度かムクムクはしてくれたし、実際息子氏もやる気出してくれたんだけど、持続力無し!
頭では2回戦をしてあげたいと思っていても、息子氏が「もう今日は寝る~」って言うもんだから、2回戦は中途半端なものになってしまいました。

1回戦終えてベッドでイチャイチャタイム。

酔いも若干薄れてきて我に返り始めた彼女がコトの重大さに気がついたようです。
「すごいこと言っちゃった💦💦💦恥ずかしい💦💦💦」
「言っちゃったね❤」と意地悪そうに言ってまた困らせて^^
「だってあんなに焦らされたら💦💦💦」というその言葉にまたニンマリ

「えっと、なんだっけ、○○(彼女の名前)の濡れたおま○んこにおちんちん挿れてだっけ?」
「え💦💦💦そんな風には言ってない💦💦💦」

あはは、反応が可愛い^^

照れたら余計に恥ずかしいから堂々と、彼女が実際に言ったセリフにちょっとスパイスを加えてまた恥ずかしがらせて。

美人聡明、才色兼備、そんな彼女が私だけに見せるこの姿が本当に可愛くて嬉しくて幸せで。
私の前でだけ甘えられて、弱みが見せられて、ダメ子ちゃんになれて。
そんな彼女の想いにこれからもずっと応えていきたい、そんな風にも改めて感じた瞬間でした。

はたからすればただの変態カップルみたいですけどね笑

えっちな行為も2人で楽しんでるんだと思います。
毎度のことながらこの日のことを後日LINEとか電話とかで復習しますけど、もう笑い話ですもん。
楽しかったね!って。
彼女がちゃんと喜怒哀楽や思ったことを隠さずに言ってくれるおかげだと思う。
お互いを想う気持ちがどうやら変態化していただけなんだろうなと思います。

なぜか真面目な話になってしまいましたが、元に戻して。
彼女も1回戦が終わってぐでーん状態。
そんな彼女にイタズラをする私。
既に全身性感帯状態になっていて何をしても感じてしまう彼女。

お豆さんを刺激してあげたあとに
私「またたくさん濡れてるんだろうな~」

彼女「どうかなー、濡れてないんじゃないかなー」
すっとぼけるお約束^^

私「こんなに濡れてるよ?触ってごらん?」
彼女「うん、濡れてる・・・」

ここで、彼女が自らお嬢を触る手の上から私の手を覆いかぶせて、彼女の指を使ってお栗さんをコリコリさせてみました。
どんな反応するのかなと思ったら、素直に快楽に身を委ねている感じ。
私の手に操られるがままに自らの指でお栗さんを刺激させられる彼女。
なんだかそれだけでエロい。

なのにそれだけじゃ済まなかった。

快楽スイッチが入りっぱなしの彼女は私の手の動きに合わせるようにお栗さんからお嬢の中に・・・
私もそれを追いかけるように一緒に中に
お互いの指が第一関節くらいまで入ったところで

彼女「届かないよ?」

ここで言う届かないは、彼女の指ではGスポットに届かないということ。
前々からそういう話はしていたけど改めてといった感じ。

じゃあ!という感じで、彼女の指をまた私の覆った指で誘導、一緒に第2関節くらいまで挿れて、出し入れ。
体勢的にも彼女の指では届かないことはわかっていたので、ただただ、彼女に強制オナニーをさせるように出し入れ。
いやらしく響く音がエロい。
そして私一人の指でするより遥かにエロい。
合計4本の指で出し入れ。

『共同作業』

ここで今日のタイトルを回収したところで今回はここまでにしておきます^^

次回、さらなる初体験が待っていました。

皆様良い週末をお迎えください。

[追記] 続き投稿しました。

いつもお読みいただきありがとうございます^^