(18禁?)男女の性感帯と快楽の違い|2019/1/24デート日記part2

(18禁?)男女の性感帯と快楽の違い|2019/1/24デート日記part2
Twitterでも更新情報や日々の呟きなどを発信しておりますので、興味のある方はお気軽にフォローください(*^^*) Twitter@しま 更新時スマホでpush通知を受け取りたい方

こんにちは、しまです^^

1月24日(木)のデート日記続き書いていきます。
前回はこちら

新しい構図で写真が取れて楽しかった~
またセルフタイマー使って楽しい感じに撮りたいですね(*^^*)

写真撮影も終わってランチ…とはならず、そのまま始まっちゃいました^^

この日は時間もあることだしと、いつもより入念にたっぷりと時間をかけて前戯。
彼女は胸もすごく性感帯、お豆さん(notお栗さん)を少し触ってあげるだけでスイッチが入っちゃうの。
指と舌でたっぷりと^^
私は右利きなので彼女の左胸を刺激することが多くて、彼女からも「翌日とかいつも左胸のほうが張ってる~」って言われていたのでこの日は右胸も意識して刺激刺激^^

ちょっと脱線して、彼女は性感帯がたくさんあるのに、私には息子氏くらいしかないことを、いつも「ずるーい!」って言ってきます。
この気持ち良さをどうにかして伝えてあげたいって笑
男は肉体的な気持ち良さは確かに息子氏くらいなものだけど、精神的な気持ち良さだったりはたくさんあるんですよ。
あ、私も乳首を攻められるとビクッとなりますけどね笑
ただ、それを続けたからと言って肉体的な気持ち良さが増すわけではないんですよ。
でも、舐められてる、舐めてくれてるという興奮から精神的に気持ち良くなれるわけです。
卑猥な言葉だったりもそういうことなんでしょうね。
男は肉体的にも本当に気持ちいいのは絶頂の瞬間だけだから、女性とは根本的に違うんでしょうね。

女性の生理痛や出産の痛みが男にはわからないのと同じように、女性の気持ち良さももまた男には未知。逆もしかりだけど。
女性と身体が入れ替わったら、男は押し寄せる快楽の波に気持ち良すぎて失神しそうですよね。
どこかで読んだ記憶があるけど、女性がピストンされている間の快楽と男の射精の瞬間の快楽とがイコールらしいじゃないですか、とんでもない話ですよこれ。。。
男の快楽なんてせいぜい数秒なのに、女性はそれがずっと続いているわけですよね…。
しかも女性はほぼ抵抗出来ないじゃないですか、体格差も力の差もあるし快楽でふにゃふにゃになってるしで物理的に快楽から逃げられないもの。
男は危なかったらピストン止めればいいし、なんなら抜けばいいし、自分の体を自由に動かせるからね。
それでさらに女性はオーガズムという究極の快楽がその先にあるわけですよね?
考えるだけで恐ろしい。。

逆を考えるともし女性が男性に入れ替わってセックスしてもつまらないかもしれないですね。
え?こんなもんなの?って。
もちろん男性と同じように相手を感じさせることに精神的快楽を覚えるようであれば別ですけどね。

って、随分と長々脱線してしまった笑

前戯をたっぷりとということで、この日はお嬢への直接タッチも少し焦らす感じにしてみました。
といってもパンツ越しにってだけですけどね。
焦らされていたことに気がついていないかもしれないけど笑

「もうパンツがすごく濡れちゃってる💦💦」って言ってたけど、同じく私のパンツもたくさん濡れてた笑
お嬢も息子氏もお涙たっぷり^^

なんだかデート日記より脱線話の方が充実してしまったけど、、、
今回はこの辺で。
いつもお読みいただきありがとうございます(*^-^*)

[追記] 続き投稿しました。

婚外恋愛ブログのランキング登録しています、もし良かったら1日1回ポチッと応援をお願いします(*´∀`*) にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ