何度でも何度でも好きになる

何度でも何度でも好きになる

こんにちは、しまです^^

昨日ブログでこのあと電話が出来るかも!と書きましたが、およそ2週間ぶりに電話で話すことが出来ました^^

時間が作れたのが私の仕事中だったので、「5分だけね」と彼女からは言われましたが、なんだかんだで20分くらいお話しちゃいました(*^^*)

こっそりとオフィスを抜け出し非常階段の鍵を開け、出先で時間を作ってくれた彼女に電話。
5分が10分、10分が20分、時間が経つのはあっという間ですね。

久し振りに聞く彼女の声は私の頭の天辺から足の指先まで染み渡るものでした。

尽きない電話もいつかは終えなくちゃいけなくて、私が「戻らないと」と言わずとも私の(戻らないと)という空気を感じて、彼女は「もう戻らないとだよね(/_;)」と言ってくれます。
「うん、戻りたくないけど戻らなきゃ」
そんな風に言うと、電話の向こうの彼女の表情が手に取るようにわかるくらいの寂しい声で「うぅぅうううう、やだ。゚(゚´Д`゚)゚。」って。

文字だけだと『面倒くさい女』と感じる人もいるかもしれません、ただ、全然そんなことはなくて。

こうやって甘えてくれることがとても嬉しいです。
それにずっと「ヤダヤダ」言っているわけでもなくて、最後は自分からちゃんと「がんばる」って言って、電話を終わる努力をしてくれるんです。

でも、昨日は久し振りの電話だったからいつも以上に寂しそうでした。
ちょっと泣きそうだったし。

それでもちゃんと電話を終えて。

電話を切ってから思ったんですよ、これでまた掛けてあげたら嬉しいかな?って。
だから、1分くらい間を開けて突然電話してみました。

「え、え??どうしたの???戻らなかったの????」

びっくりしたのかな^^
喜んでくれたかな。

「寂しそうだったから戻らなかったの、嬉しいかなって思って」みたいなことを言ったような気がします。
あとはそれに加えて
「いや、俺が話したかったから」って。

彼女が久し振りの電話で切るのが寂しかったように、当然私も寂しいわけです。

電話を終えてから2人して好きを再確認したことを言い合いました。

今までも会う度に好きになっていましたが、改めてまた好きになったこと、そしてまだまだ好きになるんだなということを知りました。
何度も好きになれるって凄いことですね。

22日少しだけ会えるかもしれません。
それまでは電話も出来ないけど、会えることを願って日々過ごしたいと思います^^
会えるといいな(*^^*)

ではでは今日はこのへんで。
いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)