改めて考える不倫のリスクとバレ対策

改めて考える不倫のリスクとバレ対策

こんにちは、しまです^^

今日はちょっとだけ真面目なお話。

彼女との交際が始まってちょうど1年と4ヶ月になりました。
これまでも婚外恋愛がバレないようにとお互い出来ることはしてきましたが、それって都合の良いように捉えているんじゃないか、本当にリスクを考えるならもっともっと出来ることはあるんじゃないか、そんなようなことを最近2人で話すようになりました。
ここ2,3週間くらいかな

ただ、今回2人で色々と話し合っている内容の本質はバレ対策ではなく、もしバレてしまったらというバレた後のお話。
バレた後のリスクを本当に理解しているのか、そういうところからです。

私は特にポジティブ思考で楽観主義、物事も深く考えないタイプ。
ですから、そうしたことをちゃんと考えたことがなかったんです。

今回の話し合いも彼女が提案してくれました。

彼女は「凄く怖くなった、どうしたらいいかわからない」そんな風に言っていました。
私も実際バレた後のことを調べ、読めば読むほど怖さを感じました。

そして、怖さと同時に自分の甘さにも気が付かされました。

もっとやれることはあるし、事前にバレたあとのことを知っておくことも出来るし、バレたあとの対応も準備しておくことが出来る

バレるというのは、私達2人だけの問題ではなく、必ずそこには悲しむ人や怒る人、憐れむ人、蔑む人、いろんな感情の目に晒されることになります。

晒されるだけであればいくらでも我慢出来るけど、

法的な責任はどう?
彼女を守るにはどういう方法がある?

考えれば考えるほどわからないことが出てきて、調べてそしてその先をまた考える。

罪を出来るだけ小さくするために事前に口裏合わせも必要でしょう。

いつから?
└どこで出会った?
└何回会った?
└いつ会った?
└どこで会った?
└肉体関係は?
└連絡手段は?
└既婚だと知っていた?
└お金はどうした?

彼女とも話していますが、不倫や婚外恋愛にはこうすれば100%大丈夫というゴールが無いんです。
常にリスクと隣り合わせ。

でもね、お互い恐怖は感じても、「別れる」という選択肢はありません。
「でも大好きだから」「愛しているから」
そこに行き着くわけです。

バレとバレた後の恐怖と付き合いながら交際をしていくしかないんです。

だからこそ、事前に出来ることはして、そして考えを共有して、少しでもその恐怖を取り除く努力をするしかないんだと思います。

リスクを犯してバレるくらいなら、たとえ会えなくても連絡が取れなくても、長く続く方を選択したいです。

まだまだ答えは見つかっていませんが、継続して話し合っていきたいと思います。
(LINEのノートにメモして共有しています)

 

こうして真面目な話をしているけど、基本的には昨日のブログのようにバカップルです(*^^*)
楽しい時間がたくさん続くように土台作りもちゃんとしていきたいですね^^

ではでは今日はここまで
良い週末をお過ごしください。

[追記] 続き投稿しました。

いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)