彼女と一緒にお風呂に入りたい

彼女と一緒にお風呂に入りたい

彼女と一緒にお風呂に入りたい、湯船に浸かりたい。

普段は私の昼休みにビジネスホテルで会っているので、当然広いお風呂があるわけでもなくそもそもでお湯を溜めて浸かっている時間もない…。
愛し合ったあとは、シャワーでお互いの背中を流し合うくらいのもの。
いや、それも私にとっては嬉しいんですけどね!

せっかく一緒にいるのにバラバラにシャワーも寂しいですし、限られた時間ですから離れたくないじゃないですか。
なんならトイレだって一緒に入りたいくらいの勢いですよ!

そんなシャワー生活を送る中、たまに私が有給を取ってラブホテルに行くわけですが、その時が唯一の湯船タイム!
まだ片手で数えられるくらいしかラブホテルには行けていませんが(´;ω;`)

湯船っていいですよね。
私が後ろから彼女を抱きかかえるような感じのスタイルで密着して温まる。
もうそれだけで幸せすぎて倒れそうですよ。
あ、いや、まぁ、ノボセやすいので本当にぶっ倒れそうになるんですけどね💦

後ろから抱えておっぱいいたずらして。
息子氏が後ろから当たっているのはちょっと気にしないでもらって。

なんか湯船には夢が詰まっている気がします。
非日常的なことだし、それでいて人間の生活には欠かせないお風呂というものに一緒に入っているという現実もあって、当然裸の肌のふれあいがあって。
泡風呂にしてみたり、ジェットバスでボコボコ遊んでみたり。
すごーく夢が詰まっているような気がします。

今年中にまた行けるといいな。
その前に会えるといいな~

今回もお読みいただきありがとうございました^^