私の考える婚外恋愛ラブラブの秘訣

婚外恋愛成功の秘訣

Twitterでも更新情報や日々の呟きなどを発信しておりますので、興味のある方はお気軽にフォローください(*^^*) Twitter@しま 更新時スマホでpush通知を受け取りたい方

こんにちは、しまです^^

今日は私達がラブラブでいる秘訣?でも書いてみようと思います。

秘訣と言っても特に意識していたわけではないんですが、ちょうど質問箱で質問していただき考える機会を得たのでもうちょっと書いたみたいと思います。

(該当質問箱)

 

交際して2年2ヶ月、欠かさずしていることは「おはよう❤」と「おやすみ❤」
もちろん、リアルタイムにやり取りが出来ないことの方が多いけど、挨拶は基本中の基本。
不思議と朝の挨拶は文字だけなのに、寝る前は決まって文字の他にもスタンプが。

それではここで直近3日分の眠る前のやり取りを見てましょう。
この3日が特別なわけじゃなくて毎日こうです。
時間がだいぶ遅いけどこれも仕様です、これ、私は寝てますけど、彼女はまだ全然ですからね。。。
(画像クリックで拡大します、左から順です)

(昨日)

(昨日)

(一昨日)

(感想:画像並べるとなんか綺麗…笑)

お花畑も2年以上続けば一過性のものじゃないでしょう。
どう見てもただのバカップルですね。
私達のLINEはどこを切り取っても大抵赤いハートが散りばめられています。

で、例えば毎日こんな様子だけど、これで例えば❤が消えてたら?スタンプがなかったら?お花畑じゃなくて花壇だったら?と差異に誤差はあれど、変化を感じ取ることが出来ます。
ほとんどそんなことはないんだけど、その小さな違和感を感じた時、放置せずに『どうしたんだろう』と考えて、確認して、必要ならば話し合って。
お互いが原因でそうならない場合だってあるじゃないですか。
体調悪いとか、何かが原因で心に余裕が無いとか、そういった時にもケアが出来ると思うんですよ。

質問箱に回答した【継続と原点】というのはこういうことのことで、何かしら原点(基準)となることがあると、そこからズレた時に修正が早いんです。
原点がないといつもフラフラしてて、何が本心なのかがわからない、毎回振り回されちゃうんですよね。
「この間はこうだったのになんで…」とかね。

ルール作りって言っちゃうと堅苦しくなっちゃうけど、お互い無理しない形で出来ることはあるんじゃないかなと思うんですよね。

恋愛観も時間的余裕も愛情の度合いも人それぞれだけど、婚外恋愛をしているのなら原点を考えてみてもいいのかなーと思います。
1日1回は必ずやり取りする!でもいいでしょうし。
どんなに忙しくても1日1回もLINE開けないなんてことは有り得ないですからね。
(セフレとか体だけの不倫であれば必要ないかなとも思いますが)

あとは関連してこのツイートかな?

これも交際開始して電話もしだしていつからか私達の原点になったこと。
どんなに短い時間でも電話をした時の切り際には「大好き❤」を言い合うこと。

さっきの挨拶もそうだけど別にお互い決めたわけじゃなくてごくごく自然とそうなってたんです。

好きだから気持ちが溢れてしょうがなくて、電話切る時何回も「大好き」って言っちゃう。
彼女も嬉しそうに大好きだよって返してくれて。
で、切る時は99%私から切るんですよ、彼女切ってくれない笑

電話するのは私の昼休みか仕事帰りの改札前、毎度毎度の「大好きだよー」の応酬から、「気を付けて帰ってね、またね^^」ってなって私が切るのかと思いきや、ちょっと放置。
シーンとした電話の向こうに待ってる彼女の姿が見えるよう。
それでまた「大好きだよー」って小声で言って。
そうすると電話の向こうでたくさん笑ってくれる彼女がいて。

今は夏休みで電話頻度減ってるけど、毎日電話出来る時期でも毎回これですからね。

恋愛はコミュニケーションですから、一方通行じゃダメなんですよ。
私の大好きに彼女が答えてくれるから続くんです。

もし、私の投げたボールがもし返って来なかったら徐々に投げるのをやめてしまうと思う。
それは返って来ないのが怖かったり、寂しかったり、辛かったり。
もちろんこれは逆の立場でもそうですね。

 

なんか彼と、彼女とうまくいってないなーって思うカップルがいたらこの辺を意識してみるといいのかなと思います。

投げるボールには、種類も球種も位置もありますから。
鉄球?ピンポン玉?
ストレート?カーブ?
ど真ん中?ボール球?

自分の得意の球を投げるんじゃなくて、まずは相手が受け取れる球を投げて徐々に色んな球に挑戦できればいいんじゃないかなと思います。

 

あれ?ラブラブの秘訣ってテーマになってた??まぁいいか!

いつもお読みいただきありがとうございます(*^-^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました