バレンタインデート計画 part2「涙のワケ(LINE流出多め)」

バレンタインデート計画 part2「涙のワケ(LINE流出多め)」

こんにちは、しまです^^
今回はLINEのやり取り流出多めです。

part1はこちら

さて、part1でバレンタインデートは残念ながらなくなってしまいましたが、他の候補日でデートが出来るか彼女は家族の予定を確認してくれました。

そして2/8の午前1時過ぎ、彼女から連続でLINEが入っていました。
通知していないので気が付いのは20分後くらいかな?

超絶要約すると、「家族に協力しなければいけないことがあってその制約があるから最短2月27日までは会えない」というものでした。
「本当にごめんなさい」という言葉も添えられていました。

これらを読んだ時、内容は十分に理解できるし家庭第一ですからまた暫く会えなくなるのは辛いけどちゃんと受け入れることができました。

そんなことよりも、彼女がどういう気持ちでこれを書いただろう、謝罪しただろうという思いの方が強かったです。
私が残念なのと同じように彼女も辛い気持ちであることに間違いはなく、それに加えて私に申し訳ない気持ちからの謝罪だってしてる。
そんな彼女の気持ちが痛いくらいにわかって、どうやってお返事しようかと既読を付けたLINEをいったん閉じて寝支度をしながら考えていました。

考える事、小1時間…いや嘘です、5分くらい。
でも普段であれば既読後すぐに返信をする性格ですからそれに比べたら特別な5分間でしたね。

私の返事がこちら。

今思うとこれは正解なのか?という感じですが、「大丈夫だよ、謝らなくて、気にしていないから、だから落ち込まないで」そんな気持ちを込めた返事でした。

その後もこうして彼女は謝っていました。

この後もやり取りは続きますがその日は前もって私が「今日は早く眠るね」と伝えてあった日で2時になってしまったことに気が付いた彼女が「あ、2時になっちゃう」「寝て」「これからお風呂」と慌てて送ってきました。

私が落ちている彼女に対して「元気出すんだよ~」と送ると、
「は~い。。。」
「ちょっと落ち気味・・」
「がんばる。。。」
こんな風に返事がきました。

どうやら落ちてるオーラは出していないつもりだったらしく、私の指摘に驚いていました。

すると、ここで涙が出てきます。

本当に不思議だけど、彼女の表情や考えが手に取るように分かるんです。
これは交際当初からそうで、昔から彼女には「なんでもバレちゃうね」って言われていて。

きっと彼女が彼女自身思いもよらない程、文字で感情を表現してくれているんだと思います。

また、やり取りの途中こんな素敵な表現もしてくれました。

溢れる涙は好きが産まれているんだと。

最初こそ会えなくなってしまった悲しみからの涙だったけど、その後は幸せの涙に変わったんです。
私のことでこんなにも感情豊かに気持ちを表してくれる彼女に愛おしさを覚えないはずはないですよね。

そして最後は私の名言?迷言とオチと共に最後は笑顔で終了です。

泣いている彼女も愛おしくて大好きだけどやっぱり笑顔の彼女が1番ですから(*^^*)

眠るまで短いやりとりだったけど、私にとっても彼女にとってもすごく特別な時間になりました。

本当は全部のやり取りをお見せしたいくらいですが全ては私の中、彼女の中、2人の大切な宝物として仕舞っておきます。

バレンタインデートは延期になってしまいましたが、それ以上に得るものは大きかったように思います。

今回もお読みいただきありがとうございました^^