最後は大切なお話|2019年彼女の誕生日デートpart11

デート日記

Twitterでも更新情報や日々の呟きなどを発信しておりますので、興味のある方はお気軽にフォローください(*^^*) Twitter@しま 更新時スマホでpush通知を受け取りたい方

こんにちは、しまです^^

2019年彼女の誕生日デートの続き書いていきます!
part1はこちら

2019年彼女の誕生日デートpart1
この記事では2019年彼女の誕生日デートpart1としてサプライズへの布石について綴っています。

2回戦終えても疲労感が少ないのはマカの力?
退室時間まで残り1時間くらいになってシャワー、帰り支度となりました。

この日1日は2度のサプライズ、素敵な2回戦と、完成度の高いデートとなりました。
彼女の誕生日デートだからね^^

誕生日デートだから笑顔で幸せな気持ちで1日を終えても良かったしそうしようかなとも考えたけど、シャワー出てから1時間弱かな、2人にとって大切なお話をしました。

お話というのは、私の海外旅行の件。
この時はまだ未確定だったけど、ほぼほぼ決まっている状態。

彼女からは
「出来ることなら行かないで欲しい」そう言われていました。
「行くのなら別れることも考えている」そうとも言われていました。

それでも私は「行くことになると思う」と伝えました。

普段彼女は私の家庭のことはとても心配はしてくれるけど、「あーして欲しいこーして欲しい」などの要求は一切したことがありません。
だから、今回の旅行の事は初めての彼女の意思表示となりました。

Twitterの質問箱で「彼女さんは婚外としての付き合いは納得しているの海外旅行はなぜイヤなんですか?」という質問がありました。

まず前提として、婚外としての付き合いに納得しているわけではありません。
たぶん、私も含めて納得して婚外恋愛している人なんていないんじゃないのかな、納得しているのであれはそれはセフレや不倫なのだろうと思います。
彼女は「納得はしていないけど、理解しようとしている」という表現を使います。
「倫理観に当てはめて願わないようにしたり、どうにか気持ちを収めようとしている」と。
「真剣に恋愛をしている」と。

私も彼女もWの頃から遊びだとかセフレだとかそういう気持ちは一切持っていませんでした。
ちゃんと恋愛をしていました。
だから、私は婚外恋愛と不倫、セフレを分けて考えているわけですしね。

スポンサーリンク

海外旅行というのは、
・異国の地で2人きり
・国内ならまだしも海外だと気持ちも変わるかもしれない
・帰ってきたら夫婦関係がよくなっているかもしれない

そういった色々な思いがあるなかで、彼女の中で、『行かないで欲しい』という思いがいつしか、『今まで何も要求してこなかったけど、今回は要求した、その唯一の要求や思いに私が答えてくれることを期待する』というように変わっていきました。

そしてその私(しま)の判断に賭けてみようとなったのです。
私(彼女自信)のためになんとしてでも行くことを避けてくれるんじゃないかと。

その結果、「行くのなら別れることも考えている」に結びついたのだと言っていました。
もうそういう考えに頭がなってしまったと。
「帰ったらどういう表情で会えばいいかも分からない」とも言っていました。

 

それでも私は「行くことになると思う」と伝えました。

その事をLINEや電話とかじゃなくてちゃんと会って話したかったから、誕生日デートではあったけどこの日このタイミングで話そうと思っていました。
私達はいつだってこうやってきましたから。

(DMとかで良く彼氏さんへの不安を相談されますが、結局最後は「我慢しないで彼氏さんに思っていることを伝えてください」としかお答えしていないような気がします。)

好きな者同士、愛し合う者同士がなぜ気持ちを我慢しないといけないのか。
気持ちを伝えて相手が受け入れてくれないのなら、所詮その程度の相手だとなんだろうと思っています。
本当に愛し合っているのなら問題があれば一緒に乗り越える努力が出来るはずなんです。
例え100%受け入れることが出来なくても、2人で話し合って導き出した答えであればそれがその時出来る100%ですから。

 

私は海外旅行のこと、家庭のこと、思っていることを全て伝えました。

 

彼女は「言いたくないようなことまで言わせてごめん」「色々言わせちゃったみたいでごめんね」そう言いました。
「海外旅行のこともだし、色々考えてくれていることがわかった」とも言っていました。

 

このデートの1週間後、海外旅行が正式に決まりました。

 

彼女は「理解しようと努力している」と言っています。

「分かった!いってらっしゃい^^」なんてならなくていいと思っているし、本音は「行かないで欲しい」なことに変わりがないのも分かっています。

ただ、これで彼女が私に何も言わずに胸にしまい込んだままだとしたら、彼女だけが余計に苦しんでいたことでしょう。
伝えてくれたからこそ、彼女の苦しみを知ることも出来たし、私の気持ちも伝えることができた。

私は乗り越えられると信じています。
愛し合っていますからね。

スポンサーリンク

最後は随分とデート日記から離れてしまったけど、最後お話したんだよーということをお伝えしておこうと思い書いた次第です。
昨日、この海外旅行に関することで彼女と電話で話したことがあるのでまた書きますね。

 

というわけで!
当日のデートの我々と同じように、ずっと読んでくれた方も最後は真面目な感じになったことでしょう笑

婚外恋愛、山あり谷あり、その都度その都度乗り越えていくしかありませんね。

 

part11という長い長い2019年彼女の誕生日デート日記もこれで終わりです!
最後までお付き合いいただきありがとうございます!!!!

また次回お会いしましょ~

なんだこの終わり方笑

 

いつもお読みいただきありがとうございます(*^-^*)

婚外恋愛ブログのランキング登録しています、もし良かったら1日1回応援をお願いします(*´∀`*)
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

デート日記
スポンサーリンク
しまをフォローする
婚外恋愛手帳

コメント

  1. あーちゃん より:

    はじめまして。いつも更新を楽しみにしています。どうやったらしまさんと彼女さんみたいにずっとお互いのことを同じ温度で想える人に出会えるのだろう??ってずっと羨ましく微笑ましく思っていました。私は、以前の婚外恋愛の彼氏とは温度差があったので…

    でも、2ヶ月前、たまたま使ってみた出会い系で知り合った人が話をしていくうちにまさかの高校の同級生で、家も車で10分ということが判明し、同級生だからと安心して会ったりしていくうちに、お付き合いすることになりました。
    彼は私と同じ温度で、同じように気持ちを返してくれて、なぜ高校の時に気づかなかったのだろう…というくらいに私の半身かと思うほどの大切な存在になっています。
    しまさんと彼女さんには及びませんが、穏やかにお互いを大切に思い合えるってこんなに幸せで満たされることなんだ…と、初めて感じました。もちろん、身体の相性もばっちりで、今までのは何だったの?というくらいになってしまいました…(笑)

    これからも、しまさんと彼女さんを目標にしつつ、仲良くしたいと思います♪
    またきますね♪

    • しま より:

      あーちゃんさん、はじめまして^^
      世界中に人間なんて大量にいるから、結婚相手が運命の人なんてことはホント一握りなんだろうと思います。
      そして今回あーちゃんさんが出会ったように、素敵な相手と出会えるのもそれもまた奇跡なんだろうと思います。
      同級生ということで共通の話題も多いでしょうし、出会って間もない今だからこそお互いの温度がズレないように、色々話が出来るといいですね^^
      これからも目標にして貰えるように私も頑張りますね!
      またいつでも遊びにきてください^^

  2. はなを より:

    しまさん、こんにちは。
    素朴に疑問に思ったことなのですが、
    逆のことが起きたらどう感じますか?
    彼女がもし離婚されていなくて、
    ご主人と2人で海外旅行に行くとなったら
    どんなお気持ちになりますか?
    男性もそこはやはりヤキモチを焼くのでしょうか?
    あ、別にしまさんを責めている訳では全くないですよ^^;
    ただ、立場が逆だったらどうなのかなと
    純粋に疑問に思っただけですから。

    • しま より:

      はなをさん、こんにちは^^
      私は、ヤキモチは妬かないんだろうと思います、いってらっしゃい^^と送り出してお土産話を楽しみに待っているんだろうなと思います。
      私の家庭もそうですが、彼女の家庭もラブラブだったわけじゃないのは知っていますしね。
      ただ、離婚してみて始めて感じる感情も多いと彼女も良く言いますので、実際その立場に立たないと分からないことも多いんだと思います。

  3. チャトミー より:

    はじめまして。
    わたしは、彼女さんと同年代、シングルマザーの婚外恋愛と
    なにかと重なること所が多いです。

    奥様と海外旅行ですか・・
    彼女さん、嫉妬もあると思いますが
    それとはちょっと違う感情もあると思います。
    ラブラブではないものの、穏やかに平穏な安定した熟年夫婦
    しまさんはそんな感じでしょうか。
    そんな幸せな夫婦に対する自分の立ち位置
    誰が見ても、自分は悪者
    彼からどんなに愛をもらっていても
    幸せな夫婦を乱す嫌なオンナ
    自分がそんなオンナでいることが耐えられないんですよ、きっと
    普段の生活の中なら、片目をつぶって見なかったことで
    お付き合いすることもできるけど
    何日も連絡つかず、ましてや楽しい時間をご夫婦で過ごしていることを想像しながらは
    自分の”不倫女”って立場が嫌でつらいんだと思いますよ、彼女さんは。
    私も同じなんです。
    誰かからみて、嫌なオンナであり続けるのが
    辛くてしょうがないんです・・・

    真っ当に生きてきたし、これからもそうありたいと思っているから。

    • しま より:

      チャトミーさん、はじめまして^^
      私は全く穏やかでもなければ安定もしていない夫婦ですよ。(だからこそ彼女とうまく付き合うために家庭を必死に安定させてる)
      チャトミーさんが書かれたことはご自身が苦しんで来たことなのだと思いますが、私の彼女はそういう考えは持っていないのです。
      彼女は「私たちは世間一般不倫とはちょっと違うんだと思う」という事を言いますが、彼女のことはもちろん私自身もプライベートなことはあまり発信しないようにしているので詳しくお伝えすることが出来ず心苦しいところではあります。。
      この辺は当人同士しか分からないことなので説明は難しいですが、本音で話し合ってますから書かれたような感情とはちょっと違うのです。。
      色々な関係性がありますね(T_T)
      ただ、彼女が幸せかと言えばそうではないのは確かですから、いま出来ることをこれからも模索していきたいと思います。

  4. 切ないな より:

    はじめまして。
    彼女さん辛いですよ…
    私は夫と別居することになり、彼は家族円満です。
    どこかで離れないといけないのにな…といつも考えています。
    しまさんに守られる権利のある奥様。
    婚外の彼女さんは?
    大きな台風が来て不安でも助けに来てはくれない彼。
    それが現実ですもの。切ないですよ。
    だから、奥様にバレても構わないくらいの覚悟で彼女さんを愛してあげて欲しいです。
    彼女さん優しい女性です。
    他の女性なら家庭を壊しに来る人もいるかも。。
    行動にできないけど、、それをしてしまう想像をする自分がいます。

    • しま より:

      切ないなさん、はじめまして^^

      確かに何かあった時に助けてあげられないことがとてもツライです。
      いつでも飛んでいきたいのにそれが出来ない苦しさがあります。
      この辺は彼女も私に正直に言いますし、できない辛さを共に共感しています。

      おっしゃるとおり、人によっては家庭を壊しに来るのでしょう。
      壊すのは簡単ですからね。
      婚外恋愛は信頼関係で成り立っていますから、その関係が崩れてしまったらきっとあっという間に終わってしまうのでしょう。
      これからも信頼関係を大切に愛し合っていきたいと思います。

  5. 匿名 より:

    こんにちは
    ご無沙汰してます。リンネです。

    相変わらず、仲良しカップルで羨ましいです

    この間、彼に、離婚するという選択肢を聞いてみました。そしたら、
    「難しい質問だね…」と、その一言でした。
    もちろん、彼には、小さい子供が居るので、直ぐに離婚することは出来ないって、解ってはいましたが…
    会った時にも、ハッキリとは、答えてくれなくて…
    私から「じゃ、このままバレないように、付き合いを続けたいんだね?」って言ってしまいました。

    その後、彼に言われたのは
    「ありのままの自分を出せて、受け入れてくれたのは、私だけだった」と

    奥さんが、エッチを拒否したということを初めて教えてくれました。

    子供が居るので、親としての責任は放棄できないから、離婚は難しいとのことでした。

    男の人は、エッチの相性が悪くても、離婚は考えないのでしょうか?

    私は、離婚理由にエッチも入ってましたからまぁ、モラハラ夫だったのが一番の理由でしたけどね。

    • しま より:

      リンネさん、お久しぶりです^^

      子供がいるせいで離婚したくても出来ない夫婦はたくさんいると思います。
      彼氏さんとちゃんと話し合えて良かったと思います。
      いつまでも悶々と内に秘めているより、聞いてちゃんと話すのが一番だと思いますから。

      離婚となるとどこかに理由を見出すことになるので、体の相性やその他ネガティブ要素を理由として明確にするんでしょうね。
      体の相性だろうがなんだろうが、家庭が上手く行っていれば婚外恋愛なんてしないでしょうから、エッチの相性が悪い=離婚を考えるというより、離婚を考える=エッチの相性が悪いことが1つの要因になるんでしょうね。
      言ってることは同じですが微妙なニュアンスの違いがそこにはありそうな気がします。

タイトルとURLをコピーしました