例え不格好だとしても

例え不格好だとしても

こんにちは、しまです。

昨日はコメント返信Dayということでブログはお休みしていました。

なんだかブログやコメントですべてを書ききった感があって、抜け殻のようになっています。
知らぬ間に脳を使っていたのか最近は早寝がち。
たぶん、この抜けた空間を埋められるのは彼女しかいないんでしょう。

先週・今週と彼女も忙しくなかなかまとまった時間をとって話すことは出来ませんが、私の想いはすべて伝えきったと思います。

彼女も私も地に足をつけているようで付けていない、どこかふわふわした状態で婚外恋愛をしてきたのだと思います。
当時は気が付きませんでした。
今回のことで彼女も私も徹底的に考え、しかも私は皆様からコメントを頂くことでより多角的に考えることが出来ました。

その結果、不思議なことが起きました。

彼女という存在がより具体的に鮮明になったんです。
これは感覚的なことなので文字にして伝えるのはとても難しいんですけどね。。
とにかく鮮明になったんです。
こう書くとなんじゃそりゃって感じですね笑

Wが解消された事実は消えないし、お互いの立場も変わりません、変えられるのは考え方だけ。

彼女だって、私を愛してくれています。
そんなことは痛いほどわかっています。
私が愛していることだってわかってくれています。

ただ、今までのように愛だけでは前には進めないのが今の状況です。
彼女にも「どう考えたらいい?」そう聞かれました。
私はその場では答えられずに「考えさせて」と答えるしかできませんでした。
その答えはまだ見つかっていません。

もしかしたらブログに書いてきたことに答えがあるかもしれないし、彼女との会話の中に答えがあったかもしれない。

ただそれをちゃんと言葉にして、文字にして、お互いが共有できるものにするのはとても難しいように感じています。
答えがないのかもしれないし。

金曜日のデート?までに残された時間はあとわずかですが、ひねり出すしかありません。
例え不格好でもひねり出して彼女の笑顔が見たいです。
随分と「大好き」も「愛している」を言わないで貯金していますから。

ではでは、今日はこの辺りで。
いつもお読みいただきありがとうございます。